LinuxへのTeX Liveインストール

幾つかのディストリビューションでは、システムのパッケージマネージャからTeX Live のインストールを行うことができます。TeX Liveは巨大なパッケージ群なので、用途に合わせて幾つかに分割したパッケージがあります。ここでは、日本語用のLaTeXであるpLaTeX 系を使うためのパッケージを紹介しています。

Debian/GNU Linux 10.0 (buster)

Debian/GNU Linux 10.0 (buster) では TeX Live 2018 がパッケージングされているため、apt-get コマンド経由で TeX Live をインストールすることができます。

$ sudo apt-get install texlive-latex-recommended \
   texlive-latex-extra \
   texlive-fonts-recommended \
   texlive-fonts-extra \
   texlive-lang-japanese \
   texlive-lang-cjk

Ubuntu 18.04 (bionic)

Ubuntu 18.04 (bionic) では TeX Live 2017 がパッケージングされているため、apt-get コマンド経由で TeX Live をインストールすることができます。

$ sudo apt-get install texlive-latex-recommended \
   texlive-latex-extra \
   texlive-fonts-recommended \
   texlive-fonts-extra \
   texlive-lang-japanese \
   texlive-lang-cjk

注釈

TeXのパッケージ関連で「○○がない」というエラーが出たら

多くの場合、フルパッケージの TeX Live を入れると必要なものが入ります。ただし、4GiB以上の容量を必要とします。インストール先のストレージ容量に余裕があれば、フル版を入れることを検討してください。Debian/Ubuntu系であれば以下のようになります。

$ sudo apt-get install texlive-full

とはいえ、細かいTeXのパッケージのチューニングが必要となる場合、システムのパッケージマネージャを用いず、isoやネットワークインストールを用いるべきです。TeX Liveのドキュメント(https://www.tug.org/texlive/doc/texlive-ja/texlive-ja.pdf)を参照してください。